塗装工事

塗装工事で使用される塗料には様々な種類があり、ウレタン・シリコン・ラジカル・フッ素などが主となります。それぞれのお客様のご希望・ご予算合わせたご提案をいたします。

塗料の種類 耐用年数 特徴
ウレタン塗装 5~7年 最近では、外壁塗装・屋根塗装にはほとんど使用されなくなりました。
密着性が良く柔らかいので、木部や鉄部の塗装には最も適しています。
シリコン塗装 10~12年 外壁・屋根等に採用される塗料です。
価格と機能のバランスが良く、コストパフォーマンスに優れています。
ラジカル塗装 12~15年 シリコンを上回る耐候性を持ち、価格はシリコン塗料と同程度です。
発売しているメーカーが少なく、種類も少ないですが、現在、人気のある塗料です。
フッ素塗装 15~18年 耐候性に非常に優れていて、光沢があり、汚れが付着しにくい塗料です。
高価な材料ですが、メンテナンスを長期のスパンで考えると、フッ素の方が安くなります。
無機塗装 15~20年 フッ素を超える耐候性をもち、親水性に優れている為、汚れが付着しにくい塗料です。
無機物質を含んでいるため、燃えにくい性質があります。

よくある質問

 

Q 見積依頼するのに費用はかかりますか?
A

かかりません。無料でお見積りさせていただいております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

見積り、現場調査、打合せは何度でも無料です。ご不明な点等ございましたら、納得いくまでご質問ください!

 

Q 相見積もりをとったけど、業者ごとで金額がバラバラでよく分からない
A

外壁塗装工事というのは材料費より、人件費が大きなウエイトを占めています。

大まかではありますが、材料費(塗料代)が実は全体の2~3割、施工代(手間代)が残りの7~8割となります。

材料費は、どこの塗装屋さんでも仕入価格は殆ど変わりません。

相見積もりをして同じ面積、同じ塗料なのに、金額に大差がある場合や、

見積り金額から大きく値引きをする業者さんが、削るのは「人件費」です。

人件費を抑えるためには、作業時間の短縮を余儀なくされるので、手抜き工事が行われるリスクが高くなります。

丁寧な作業には、時間と手間がかかります。又、それなりの経験や知識がある職人にはそれなりの対価が必要になります。

いずれにしても、安かろう悪かろうにならないように気をつけて頂きたいです。

 

Q 工事の契約後、追加の料金が発生することはありますか?
A

よく他業者に塗装して頂いたお客様から、下地調整費用が余分にかかったので追加料金をとか、

工事中に仕様を勝手に変更されて追加料金をとられたなどの話を耳にします。

当店では、そのようなことは一切ありませんのでご安心ください。

又、見積り書には外壁から破風板、軒樋、雨戸など塗装工事をする部位全ての細かい仕様を提示しております。

塗装工事を施工中に、他の作業(ウッドデッキ解体作業等)を、お客様の方からご依頼いただくことがありますが、

その際には、施工前に御見積書を作成いたしまして、追加料金にご納得頂いた上で、施工を開始いたします。

 

Q 工事期間はどれくらいですか?
A 外壁塗装や屋根塗装は天候などにもよりますが、足場の設置から解体を含めて、最低約2週間になります。

 

Q 工事期間中、在宅の必要はありますか?
A

基本的に宅内に入る工事は致しませんので、在宅していただく必要はありませんが、

工事期間中は足場の架設により外部と遮断され防犯面が心配されます。外出時には窓の施錠を必ず行ってください。

 

Q 工事期間中、洗濯物は干せるの?
A

足場の組立解体日、高圧洗浄の日はご迷惑をおかけしますが、室内干しをお願いしています。

施工期間中に関しましても、作業中にでてしまう、塵や塗料等が飛んでしまう可能性がありますので、

室内干しをお勧めしています。

 

 

Q 同じ塗料さえ選べば、誰が塗っても耐久性は同じですか?
A 残念ながら、いくら最高級の塗料を選んでも、100%性能が発揮されない場合もあります。
塗料は塗って、乾いて初めて製品になります。
塗る人の技能、塗る回数、希釈量等、伴って初めて性能が期待できるのです。
絶対ということはないですが、1つの目安として技能士の資格を持った職人が施工するのが大事なところだと思います。
少なくとも、一級は厚生労働大臣、二級は都道府県知事が、一定の技能レベルを認めた証ですので、無資格よりは信用できると思います。

 

 

Q 予算があるんだけど相談にのってもらえるの?
A

もちろんご予算にあった、施工内容のアドバイスはさせて頂きます。

ただしご予算が低いからといって、工事工程・内容の手抜きは一切いたしません。

 

 

Q ちょっとした部分だけの塗り替えは頼めるの?
A

小さな塗り替えからお任せください。家具の塗装や木部、窓枠のみなど、小さな部分の塗り替えからご遠慮なくご相談ください。

どんな小さな塗り替えでも手は抜きませんのでご安心下さい。
小さな工事でもそれから始まるお客様との出会いを私達は大切にさせて頂いております。

 

雨の日は作業できるのでしょうか?

雨の日に関しては、作業を進めることができません。

天候により、工期や作業日程に変更がある場合がありますがご了承ください。